文章の長さはどれくらいが良いの?

「文章はどれくらいの長さにすれば
いいのでしょうか?」

「どれくらいの文字数を書けば
いいんですか?」

といった質問をもらうことがあります。

ズバリ、回答すると

「伝えたい事が伝われば
何文字でもОK」

です。

ブログ文やセールスレターに
何文字だから反応が良いとか
これ位の長さだから成約率が上がる
などという法則はありません。

それよりも重要なポイントは、
様々なタイプの人が理解できることを
意識すべきです。

例えば、

  • どういうメリットがあるのかに
    強い興味がある人
  • 裏付け、証拠に強い興味がある人
  • やり方、ハウツーに強い興味がある人
  • 取り敢えず何をすれば良いのかに
    強い興味がある人

と、人によってタイプが異なります。

これらを万遍なく満たせれば
文章量はどうでもいいのです。

ただ、どのタイプにも響かせようとすると
どうしても長くなってしまいます。

例文なども入れた方が解り易く
なるので、さらに長くなります。

つまり、結果的には“長くなって
しまうもの”なのです。

ビジネス目的の文章であれば
何かしら求める結果がありますよね。

その結果を得るために
最善を尽くした結果が文字数なので、
予め決めることは出来ません。

ですので、文字の『数』は気にせずに
書くことをお勧めします。