「あれ、反応薄いな」と感じた時は

ブログやセールスレターなど

「思ったより反応が薄いな」

と感じる時はありませんか?

そんな時は、もしかするとあなたのアピールと
見込み客の欲しているものがズレている
のかもしれません。

今回は、見込み客が持っている欲求と
あなたの商品のアピール方法を
摺り合わせて、反応率を高める方法です。

アメリカの心理学者マズローが、

「人間は自己実現に向かって
絶えず成長する生きものである」

と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で
理論化した「マズローの欲求5段階説」。

マーケティングではよく話に出るので
聞いたことがある方も多いかと思います。

大雑把に説明すると、下のような段階があり、
ある程度下の欲求が満たされなければ
上の欲求は出てこないという説です。

で、この「マズローの欲求5段階説」と
コピーライティングの関係ですが、

あなたの見込み客の欲求に合った
アピールをしないとそっぽを向かれてしまう
という話です。

例えば、「今、生活に困っている人」
であれば、「生理的欲求」か「安全欲求」が
満たされるというアピールが響きます。

将来に不安を抱いている人なども
同様ですね。

もう一歩上の「自分自身の価値を高めたい人」
であれば、「社会的欲求」や「尊厳欲求」が
満たされるというアピールが効果的です。

もちろん、四六時中、欲求の事ばかり
考えているわけではありませんが、
あなたの文章を見た時に欲求が
呼び起こされるのです。

ボケーっと目にしたとしても
欲求を意識させられ、その解決策を
提示されるとビクンと反応してしまうのです。

欲求を刺激する事を意識して
文章を書く。

お勧めです。