黙っていても売れる商品の作り方

コピーライティングも
マーケティングも無しで、
一目見ただけで売れる商品が
理想ですよね。

今日はそんな商品の作り方をシェアします。

売れる商品に最も必要な物は
『多くの人が探しているか?』
という事です。

例えば今ならインフルエンザが
流行っています。

連日ニュースで取り上げられているし、
学級閉鎖も全国で発生しているようです。

私の周りでも甥っ子が最初に罹って
結局、家族全員インフルエンザに
なってしまいました。

もしこのタイミングで、

  • 一晩で直る風邪薬
  • 家中を除菌できる空気清浄機
  • 菌を完全にシャットアウトできるマスク
  • 一度飲むだけで荒れた胃が直る野菜スープレシピ
  • 人混みでも菌が移らないコート

などがあったら、黙っていても売れますよね。

  • 子供が病気になってしまう恐怖
  • 病気の苦しみ(痛み、緊急性)
  • 家族への愛情(言葉では説明できない情熱)

すべてが満たされているので
120%売れると言いきれます。

先ほどの商品例は、全くの想像で
言わば新しい物ですが、必ずしも
新しい必要はありません。

まだこの世に出現していない物が
発明できれば良いかもしれませんが、
そうでなくても、十分に需要はあります。

既存の情報をまとめたり、
情報と情報を組み合わせてメソッドを作る
といった事も十分商品になります。

例えば、すでにできているあなたの商品を
前回お話した

【人が現金を手放す瞬間の方程式】
恐怖×痛み×緊急性×
言葉では説明できない情熱

に当てはめてみて、足りない部分、
弱い部分はないか検証してみて下さい。

もしかすると分かり難い方も
いるかもしれませんので、
エクササイズもお伝えします。

ステップ1.
あなたが衝動買いしたものを
洗い出してみる。

ステップ2.
衝動買いした時の状況を
方程式に当てはめてみる

方程式はこちら↓
恐怖×痛み×緊急性×言葉では説明できない情熱

やってみると解りますが、
それぞれが大したことは無くても
購入してしまっている事が多いです。

「恐怖はほとんどなかったけど
緊急性があった」

「痛みはなかったけど
言葉では説明できない情熱が
強かった」

といった状態でも購入している事が
多いです。

全てがマックスである必要など全然なくて
ちょっとずつあるだけで十分売れる商品になります。

まずはエクササイズをやってみて下さい。

あとはあなたの商品の4つのポイントを
少しずつ上げていければヒット間違いなしです。