独り勝ちできる正しい価格設定法

前回に引き続いて価格の決め方
についてお伝えします。

この方法は、

  • 価格競争とは無縁になる
  • お金をもらう事への後ろめたさが
    無くなる
  • ライバルを圧倒できる
  • コピーライティングやセールスの
    スキルが無くても売れる

といったメリットがあります。

ではどのようにやるかと言うと、

全ての商品を
『買わなきゃバカだろ』
と思えるような内容にする

です。

「絶対欲しい!」

「どうしても手に入れたい!」

と思うような商品であれば
徹夜で並んででも手に入れますよね?

年末の凍えるような寒さの中、
雨風もよけられないような場所で

「外で待ってろ」

状態でも並んでいるのを
テレビで見かけます。

あのような状態を作るのです。

では具体的なステップでお伝えします。

 

ステップ1.
金額を先に決める

商品の価格を先に決めてから
商品内容を考えます。

金額は“あなたの欲しい金額”
でOKです。

月に稼ぎたい金額を決め、
客単価を割り出します。

これで月に必要なお客様の数も
明確にできます。

ポイントは、経費も入れた上で
算出する事。

お茶会やセッションをするのであれば
その際の費用も追加しておくべきです。

例えば、年収1千万円稼ぎたいとします。
月々にすると約90万円。

客単価を1人30万円とすると
月に3人集めればOKとなります。

 

ステップ2.
金額に見合った商品内容にする

ここがポイントです。

先に商品内容を決めると

「これ位欲しいな。でも高いかな…」
「ライバルより少し安めにしておこうかな…」
「定価の決め方が分からないぃ…」

などと迷います。

そうではなく、先に金額を決め、
それに見合う内容にしていけば
迷うことはありません。

好きな金額に決めて、
“買わなきゃバカだろ”と思える
内容にしていけば良いのです。

ライバルより多少高額でもはるかに
上回る内容にすれば良いだけですので、
値引き競争とは無縁で納得のいく
収益を上げ続けられます。

・・・

なお、内容を見合うようにさせる方法は
サポートの期間延長や
メール以外にもスカイプや対面を付ける、
セミナーを開催する、返金保証を付ける
など様々なものがあります。

何が求められているのか、
お客様にアンケートを取るなどして
徐々に充実させていくと、
より強力なオファーになっていきます。

継続すればするほど、あなたが
独り勝ちしていく環境が整います!