記事を読まれやすくするテクニック

今回は記事を読まれやすくする
具体的な3つのテクニックを紹介します。

3つとも簡単です。

そのまますぐに取り入れられますし、
あなたの書く全てのビジネス文章に
適用すれば反応率に必ず変化が出ます。

ブログでもメルマガでもフェイスブック、
Youtube、ツイッターと、メディアなら
何でも使えます。

●テクニック1.
強烈“過ぎる”単語を使え

同じ意味でもインパクトの弱い単語、
強い単語があります。

意識して強い単語を使うようにするだけで
目を引き、読まれやすくなります。

例えば、

「あなたの奥さんを見かけました」

「あなたの奥さんを目撃しました」

同じ意味ですが、後者の方が
引きつけられますよね。

使い方としては、まずは思うままに書き、
そのまま公開せずに編集することです。

強い言い回しや強烈な単語に言い換え
られないか見直します。

その際に役立つのが類義語辞典です。

http://thesaurus.weblio.jp/content/類義語辞典

注意点としては、無理をし過ぎない事。

いじり過ぎて意味が伝わらなくなって
しまっては元も子もありません。

伝わりやすさは気をつけてください。

●テクニック2.
非道徳に書け

普通の当たり障りの無い文章は
つまらないです。

退屈な文章だと思われたら読み進めて
もらえません。

「こんなこと書いていいのかな」

と思ってしまうくらいで丁度良いのです。

書いて後悔するくらいがベストです。

●テクニック3.
人が隠している部分を“はっきり”言う

良い事も悪い事も、
キレイ事もキレイ事以外も
隠さずにはっきり言う事です。

もちろん誇張する必要はありませんが、
正直に嘘偽り無く書くと信頼されます。

・・・

これら3つのテクニックを意識して
記事を書いてみて下さい。

これまでとは異なる反応が得られます。


コーチ、コンサル、一人起業家の
集客、そして販売の悩み解決法が公開!

“売込み不要でクライアントが自然発生する
有名起業家は必ずやっている普遍的方法

ブログアクセス数アップ、LP登録率アップ
メルマガでの販売率アップ…

これらの本当に正しいやり方を
詳細にお伝えします。

コンサル、教育商材、会員制サービス…

様々なクライアントの裏の仕掛人が明かす
集客と販売を仕組み化する方法は
コチラから無料でゲットできます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/c-ccwlp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • フェイスブックでファンを増やす方法

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする