デザインした方が良い所、しない方がいい所

前回に引き続いて、今回は
デザインした方が良い所と
しない方がいい所について
お伝えします。

まずは、デザインした方が良い所。

これはアメブロやワードプレス、
公式サイト、会員向けサイトなどですね。

ブログや公式サイトなどはブランディング
イメージを高める役割も担っていますので
プロの手が入っていると安心感に繋がります。

それと顧客向けの会員限定サイトなども
手を掛けた方が満足度の向上に繋がります。

日本人特有かもしれませんが、
買い物をした時にパッケージが
しっかりしているだけで価値が上がった
気がしますよね。

ポイントはプロの手を入れる事です。

経費削減とご自身で頑張る方も多いですが、
仕上がりには雲泥の差が出ます。

プロ級のスキルがあればいいですが、
フォトショップの使い方が分からない、
CSSも分からないというのであれば
任せた方がラクで簡単です。

アメブロ内にもカスタマイズしてくれる
デザイナーさんが沢山いますので
その人のブログが好みに合えば
コンタクトを取ってみるといいと思います。

で、デザインする際のポイントも
いくつかお伝えしておきます。

一つは読みやすさ。

16px以下の小さい文字は論外です。

それと、文章文字の装飾に
色を使いすぎるのもNG。

青に緑にオレンジになどと
増やし過ぎると返って目立ちません。

黒をベースに太字、黄色背景、赤、
太字にアンダーラインくらいの
種類に抑えましょう。

もう一つは、写真です。

記事内に入れる写真であれば
スマホで十分ですが、ヘッダーや
プロフィールに入れる写真は
プロに撮ってもらう事をお勧めします。

自分で撮ると暗い写真になりがちで
どんなにデザイナーが頑張っても
ケチった感が出やすいです。

1ポーズ5,000円~位で
すごくきれいに撮ってくれます。

続いて、デザインしない方がいい所を。

それはLPとセールスレターです。

どういう事か詳しく説明します。

・・・。

と思いましたが、大分長くなりましたので
続きは次回お伝えします!


コンセプトのみのセールスレターで
成約率18.9%。

そう、お客様が買うのは
商品ではなくコンセプト。

・LPの登録率が20%に達しない…
・セールスレターの成約率が1%未満…
・チラシの反応率が0.3%に届かない…

これらの原因は全てコンセプトと
それを反映させたキャッチコピーです。

買わずにはいられなくなるコンセプトを企画し
キャッチコピーに反映させるだけで
売上げは跳ね上がります。

わずか1分間の“エレベータートーク”で
お客が喰い付く『9STEPコンセプト構築術』

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/cp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • 差別化ポジショニング作成シート
  • LP登録率の上がるプロフィール作成シート

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする