商品を購入する人間心理

そもそも論になりますが、人間は信用できると判断した人からしかモノを買いません。この人だったら大丈夫かな、と判断しないと財布は開かないのです。

「んなことは分かってるよ」と言われそうなので、では「どうやって信用されるか」について解説していきます。

これからお伝えする事を忠実に行えば、起業仕立てでもがっつり信用されます。

買うならあなたから、となります。法人かどうかや資本金の額など一切関係ありません。他の同業他社には目もくれなくなりますし、100%誰でも実践できます。

  • 大企業だから
  • 上場企業だから
  • 老舗だから
  • テレビに出たから
  • CMでやっているから

といった条件は一切必要ありません。

人が商品やサービスを購入するのは信用に値した人から、というのは先ほどお伝えしました。

では、どうしたら信用するか。

それは、あなたの「商品・サービスを購入した結果、こうなれる」というのを『実感』した時です。

つまり、体感させてしまえば良いのです。

モノを買う際には、何かしらの結果を求めます。

  • 空腹を満たしたい。
  • 痛みを和らげたい。
  • 変身したい。

といった欲望を満たしたいために購入行動をとります。

購入を躊躇するのは、『結果が本当に得られるか心配なため』で、その心配を取り除いてあげれば購入しない理由が無くなります。

つまり、あなたのノウハウを事前に無料で提供し、小さな成功を体験できれば、あなたから買うという選択肢しか残りません。

ですので、ブログやフェイスブックなどの媒体でノウハウを提供し、見込み客が価値を体感できるようにするだけで反応率がアップします。

特にコンサルやコーチング、セラピーといった目に見えない、見えにくいサービスをしているなら、ノウハウを少しずつ教えてしまうのが最強です。

と、ここで、

「そんなことをしたら売るモノが無くなる」

と思ったでしょうか?

であれば、安心してください。

無料で提供したノウハウを有料で提供しても問題ありません。

またはサポートを充実させたり、より深いレベルの商品・サービスを提供するといったことで価値は上がります。

懸念すべき所はそこではありません。

「無料で体感してくれる人を以下に増やすか」

ここだけに集中することです。