ニュースレターで固定客化しませんか?

お客様とのコミュニケーションは多ければ多いほど、親密になりますよね。

床屋さんや美容室、エステサロン、居酒屋などに固定客が多いのも、コミュニケーションの時間が長いことに一因があります。

一方でアパレルやレストランなど、あまりゆっくりと話す機会のとれない業種もあると思います。

そういった場合に有効なツールがニュースレターです。

コミュニケーションが計れない業種はもちろん、普段からコミュニケーションが取れる業種でも、よりお店を知ってもらう事ができ、心理的な距離が縮められます。

固定客化のツールとしてぜひ活用しましょう!

重要な事は継続だけ

いざニュースレターをやってみようと思うと、とにかく内容を充実させようとしてしまいがちですが、実はそこはそれほど重要ではありません。

もちろんどうでもいいわけではありませんが、最も重要なポイントは継続する事なんです。

なので、意気込み過ぎて短距離走のようにダッシュしてしまうと、息切れして続かなくなってしまいます。

何年も続くマラソンだと思って、最初はペースを落としましょう。

継続する内にコツがわかって、自動的に質も上がって充実したニュースレターが作れるようになっていきます。

ニュースレターに何を書く?

何はともあれ、一番困るのが何を書くかというネタですよね。お勧めはこちらです。

  • ご挨拶
  • 店や会社の想い
  • 地域(活動、イベント、行事)のお知らせ
  • 新商品紹介
  • 今月のお知らせ
  • スタッフ紹介
  • お役立ち情報
  • お客様の声

これらの中から3~4つを入れ替えるようにして書くと、毎回新鮮味があって便利です。

用紙はA4サイズが印刷するにしても最も安価で便利です。

なお、文章だけだと固く感じたり、めんどくさがって読まれないという事もありますので、写真やイラストも使いましょう。

売込み要素はどうするか。

せっかく経費を掛けてお客様にアプローチするのだから必ず『売込み要素』を入れたいと思いますよね?

ただ、売込み要素を入れるとコミュニケーションを図るよりも、チラシとして受け止められます。

チラシと同格になってしまうと、ややもするとゴミ扱いを受ける事も考えられます。。。

ではどうするか。

オススメは、単に商品名や価格を書いたり、セールの案内をせずに、商品・サービスに関連した情報を掲載する事です。

  1. 商品開発ストーリー、秘話
  2. 素材や品質などへのこだわりとその理由
  3. 生産方法、製造方法の紹介
  4. 新商品のご案内
  5. 価格改定のお知らせ

1~3は、NHKの「プロジェクトX」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」のような感じですね。

商品の事だけでなく、あなたの事や仕事への考え方、姿勢などを見せる事でより深くファンになっていきます!

なお、5は力を入れてアピールするのではなく、通知しておかなければ会社の信用と質が下がります。事実を事前に伝えておくだけでOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

売込み要素の所は、セールやキャンペーンの案内とは異なり、商品・サービスをアピールしつつもそう感じずに、ファン化してしまう伝え方になります。

最初は難しいかもしれませんが、慣れもありますので、ぜひ取り組んでみて下さい。

 

追伸:

少し前に笠間市の「あたご天狗の森スカイロッジ」を利用したんですが、綺麗だし鉄板や炭の後片付けもしてくれるし、ゴミも回収してくれるしで至れり尽くせりで最高でした。

学生の頃、ツーリングに行って河原で野宿していたキャンプとは、雲泥の差の快適さでびっくりしました。

バーベキュー=野宿で寒くて震えながら寝るっていう間違ったイメージが覆され、初めてキャンプで楽しいと思えました(笑)