簡単に魅力的なキャッチコピーが作れる方法

今日は、見込客の心を鷲掴みにするキャッチコピーの簡単な作り方をシェアします。

あなたのやる事は、“既存客にたった一つ質問するだけ”です。見込客の心を鷲掴みにするネタはこれだけで見つかります。

では何を質問するかというとあなたのサービスを「利用する前はどんなことで悩んでいましたか?」です。

これによってお客様の悩みが解ればそれを解決できます、というキャッチコピーを作ればいいのです。

さらに“使っている言葉”が解ります。

コピーを受け入れてもらうためには、お客様が日常的に使っている言葉で表現する必要があります。

この2つが一気に解決できるのです。

あとは、具体的な数字を織り交ぜ、ベネフィットと対比させれば魅力的なコピーの完成です。

「健康診断で引っかかったメタボな男性」を例に作ってみます。

・・・

健康診断の結果、糖尿病予備軍と判定された完全メタボな私が、1日3食好きなものを自由に食べながら21日間で体脂肪を4%減らした方法…

3か月経過した現在では体脂肪率18.7%、体重マイナス14kgを達成した、おじいちゃんでもできる1日5分の簡単エクササイズをシェア

・・・

パパッと作ってみましたが、ポイントとしては、

こんな悩みがありました

常識を覆すような方法で解決しました

具体的な数字を示し、

詳細は以下になります。

といった感じです。

基本的にこのパターンに当てはめておけば、そうそうズッコケることはありません。

注意点は、嘘の無い範囲でかつ興味を引くように、常識を覆すことです。

例えばこれが、

「21日間、お寺にこもって断食した結果、13kg痩せられました」

とか、

「元米軍特殊部隊の鬼軍曹による、限界を超えさせる熱帯ジャングルでの合宿で、3ヶ月間で体脂肪を一桁代まで落とせます」

とか言われても、興味は引くかもしれませんが常識が覆っていません。

「そりゃあ、痩せるよな」

と思いますよね。

さらに厳しすぎて他人事にしか受け取れず、自分が参加したいとは思いません。テレビや映画の中のファンタジーと受け止めます。

最高の常識を覆すメッセージには、興味性と真実味のバランスが重要です。

バランスを考慮しながら、好奇心を掻き立てるようなキャッチコピーを作って下さい。

あなたのチラシの反応率が跳ね上がります。