売込みが苦手ならコレをやれば楽ですよ

お茶会やセッションをした後は本命商品に繋げますよね。

で、ここでバックエンドのセールスをするのが苦手な方、多いと思います。

コーチやコンサル、セラピストの方って苦しんでいる人、悩んでいる人を救いたい、向上させてあげたい、そのお手伝い、サポートをしてあげたいという、優しい方が多いように感じます。

そんな方々なのでセッションの最後に売込みモードに切り替えるのは、余計に難しいのかと推察します。

かく言う私もトヨタであれだけ売込みをしてきたのに苦手です(笑)

また、売込みが平気な方でも下手過ぎる人も多く見かけますね。

いきなり二言目に「これ買って下さい」と言い切れるメンタリティーは尊敬しますが、「いらないです」と逆にスムーズに返してしまいます。

で、今日はお茶会やセッションの最後にこれをすれば勝手に売れるという方法をシェアします。

サイトもセールスレターも不要ですので、ネットの苦手な方もできます。

何をするかというと、『チラシ』です。

A4一枚のチラシを用意しておいて、終了間際に渡すだけです。

内容を説明する必要はありません。

一言、「最後にチラシをお配りしまーす!」と言って配れば、それが売込みをする物ということは十分承知できます。

“チラシ”という単語が意味する所を知らない人はいません。勝手に読んで、欲しければ手を挙げます。

これのメリットも書いておきます。

1.あなた自身は一切売込みをしなくて済む

商品説明は紙に書いておけばいいので、何もする必要はありません。渡した時点であなたの仕事は終了です。

2.「よかったらどうぞ」などと契約を促す必要が無くなる

チラシの中に申し込み方法を書いておけばOKです。ペイパルのリンクURLを載せておけば、支払いもスムーズに完了します。裏面を申込用紙にしておくのもお勧めです。

3.金額が言えない、価格を下げてしまうといった悩みも解決

金額を書いておけばわざわざ説明する必要はありません。

・・・

他にもあるのですが、この3つだけでもかなり大きなメリットではないでしょうか。

もし、バックエンドの契約を切り出せないとか、金額が言い出せない、つい値下げしてしまうといった症状がある方は、お勧めです。