新聞折り込みチラシを無料で配ってもらう方法

新聞折込料金は地域毎に異なり全国バラバラですが、1枚当たり東京で2.7円~4.5円、全国で平均すると3.5円~6円といった所です。

10,000枚で30,000円~50,000円くらい掛かります。

これをタダ、もしくは10分の1位の金額で配ってもらう方法があります。

必ず成功するかは定かではありませんが、労力はゼロですので試す価値を感じたらぜひ実行してみてください。

それではスタートします。

その方法とは、あなたのお店、会社、もしくは自宅で新聞をとっていますよね。

その際に、新聞の拡張勧誘を受けたと思います。

この勧誘員に

「新聞をとる代わりに毎月1回、無料で折込チラシを入れさせてくれ」

と頼むのです。

「ビール券や洗剤は要らないからチラシをタダで入れさせてくれ」

と伝えるのです。

もし長年同じ新聞をとっていて、勧誘員が来ないのであれば集金のおばちゃんでも大丈夫です。

自動引き落としをしているなら新聞配達会社に直接電話して交渉してみてください。

もし断られたら他社に変えれば良いだけです。

今時どの新聞社も発行部数が減る一方ですので、かなりの確率で引き受けてくれます。

折込チラシは毎日入れていますので、実はあなた1社が増えた所で作業量は変わりません。

せいぜい機械にセットする際に持ち上げる程度の労力です。

新聞屋さんには申し訳ないですが、本来は作業量からしたら1枚当たりの単価はもっと低くてもいいはずなのです。

ですので、躊躇せずに交渉してみましょう。

配る際のポイントは、最初は反応が無ければ修正しまた配るということを繰り返す必要があるので、少数でテストすることです。

いきなり50,000枚とか100,000枚印刷して新聞折り込みへ!というのはチャレンジング過ぎです。

1,000枚~3,000枚程度印刷し、自分でポスティングするか新聞折込へ。

駅前で手渡しするのも、ターゲットを絞り込めるので効率的です。

そこで手応えを感じられたら増刷してという流れがベストです。

もし反応が悪ければ作り直してテスト配布を繰り返します。

また、業種によってはエリアの絞り込みも必要です。

例えばリフォームや外壁塗装であれば、新興団地に配っても意味がありません。

配達業者によってはある程度の地域指定対応してくれますので、きちんと伝えましょう。