新しい物は何も無い

画像出典元:Decoo,inc.

  • ラジカセ
  • ホットプレート
  • ホットカーペット

これらの電化製品は誰もが
知っていますよね。

これらは「どこにでもあるものを
足しただけ」です。

  • ラジオ+カセットテープ
  • ガスコンロ+鉄板
  • ヒーター+布団

他にも、

  • 鉛筆+消しゴム
  • ボールペン+シャープペン

など、当たり前にあり過ぎて
気にもしません。

何が言いたいのかというと、今この世に
あるもので、全くの無から生まれた
商品やサービスは無いということです。

身の回りを見渡すだけでも
組み合わせ商品だらけです。

そして、よほどの天才や大企業で
ないならば、この考え方を脳髄に
染み込ませる必要があります。

なぜか?

それはコストも手間も掛からず、
かつ収益を生みやすいからです。

ある物とある物を組み合わせ、
より便利なものを作れば
ヒットの可能性は飛躍的に上がります。

そして今、組み合わせるべきは『情報』です。

画像出典元:ファイリングの部屋

この画像は人間の接する情報量の傾向を
表しています。

現在は、あまりに短期間に膨大に
膨れ上がり過ぎて、何を当てにすれば
良いのかが解らなくなっている状態です。

ですので、情報を整理して渡すことが
付加価値になり、同じ商品やサービスなら
付加価値のあるものが選ばれます。

例えば自宅の外壁を塗り直したいとします。

情報伝達手段の無い一昔前であれば、
家族の知り合いや友人、近所の人の紹介が
ほとんどでした。

情報があふれている今ならどうするかと言えば
ネットで検索が最も手っ取り早いです。

ここで問題となるのが、決め手に欠ける、
どこも似たような感じとなれば、
“あとは価格で選ぶしか無い”という所です。

つまり低価格競争に陥るのです。

そこであなたがしなければならないことは
『情報の整理』です。

情報を整理して、選ばなければならない理由を
明確に提示する必要があります。

もしあなたが塗装屋ならば、
長持ちするお手入れ方法だったり、
価格差の生まれる理由などを提示していけば
価格以外で選ぶ基準ができます。

「頼むならあなた」となります。

もしあなたが美容サプリを販売しているならば、
日頃のスキンケア方法だったり、
アンチエイジング方法を合わせて提供すれば
「買うならあなたから」となります。

『情報+既存の商品・サービス』

がこれからの時代の新商品です。


コンセプトのみのセールスレターで
成約率18.9%。

そう、お客様が買うのは
商品ではなくコンセプト。

・LPの登録率が20%に達しない…
・セールスレターの成約率が1%未満…
・チラシの反応率が0.3%に届かない…

これらの原因は全てコンセプトと
それを反映させたキャッチコピーです。

買わずにはいられなくなるコンセプトを企画し
キャッチコピーに反映させるだけで
売上げは跳ね上がります。

わずか1分間の“エレベータートーク”で
お客が喰い付く『9STEPコンセプト構築術』

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/cp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • 差別化ポジショニング作成シート
  • LP登録率の上がるプロフィール作成シート

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする