7つの集客メソッド


画像出典元:NAVERまとめ

今日は7つの集客方法を紹介します!

いきなりですが、スタートします。

1.アフィリエイターを利用する

他人の商品を紹介して手数料を
得ている人たちですね。

力を持っているアフィリエイターですと
こちらが何もしなくても集客してくれます。

この人たちを利用するコツは、
『負ける』です。

どういう事かというと、
集客力のあるアフィリエイターは
そこいら中から依頼が来ます。

特別な高額報酬が当たり前なんですね。

例えば、青汁を販売している会社の
商品をアフィリエイトするとします。

通常のアフィリエイターが
1件1,000円の報酬の所、
1件3,000円とかもらえる訳です。

ですので、普通のオファーでは
動いてくれません。

長期的に考えて、相手に
得をさせるようにしましょう。

2.PPC広告

代表的な物ですとYahoo!やGoogleの
検索結果の画面に表示される
広告です。

最近ではフェイスブックや
ツイッターなどでも見かけますね。

メリットはクリックされなければ
費用が発生しない所です。

1日数百円から始められる
手軽さもありますね。

※数百円ではほぼ結果は出ませんが。

コツは、広告を出し続けている
ライバルの真似をする事です。

出し続けているという事は
それだけ広告費を掛けても
ペイしているという事ですので。

3.SEO対策

SEOというとワードプレスを
使えば良いとか、
このテンプレートが良いとか
聞こえてきますが、
どれも本質ではありません。

小手先のテクニックですし、
ほぼ効果は無いです。

SEO対策って、ようはGoogleに
気に入ってもらう事ですよね。

Google様が必要としている、
求めているブログにすれば良い訳です。

つまりどういう事かというと、
読者の役に立つサイトにすれば
勝手に順位が上がるという事です。

読者が求めている記事を書いているだけで
勝手に順位は上がります。

4.メルマガ広告

まぐまぐなどのメルマガに
[PR]といった感じで挿入されるものです。

代理店経由もしくはメルマガ発行者に
直接交渉してもOKです。

読者の属性が分かるので
自分のターゲット層に合わせて
掲載できるのがメリットです。

費用は高めですが、交渉に
応じてくれる場合もあるので
一声相談してみるのもアリです。

いつも売込みばっかりしている
メルマガでは反応がありませんが、
キチンと記事を書いているモノでしたら
好反応が期待できます。

5.プレスリリース

新聞や雑誌、テレビなどに
取り上げてもらうものですね。

一見、敷居が高いように見えますが、
ローカル新聞などですと意外に
反応してくれます。

田舎ほどネタが無い!ので
実は記者の方も求めているんですね。

コツは、社会の役に立つように見せる事で、
宣伝目的はNGです。

地域の方にこんなメリットがありますとか
ニュース性があると喜ばれます。

そしてそれらをまとめて
片っ端からファックスすると
けっこう反応してくれます。

6.SNS

フェイスブックやインスタグラム、
ツイッターなどですね。

手作り雑貨やアクセサリー、
プリザーブドフラワーなど
絵になる物、女性に好かれる物などは
これだけで売れます!

パシャパシャ写真を撮って
タグ付けして投稿するだけですね。

メルカリとかよりも売れやすいです。

7.アナログ人脈

数はさばけませんが、やはり
リアルな人脈は強力です。

セミナーや異業種交流会などで
名刺交換した方をメルマガに
登録するのもアリです。

もちろん、黙って登録するのは
嫌われて人間関係も続かなくなりますが、
一言、

「メルマガを発行しているので
登録させて頂いてよろしいですか?」

と聞けば問題ありません。

キチンと説明すれば
意外と好反応があります。

お試し下さい。


コーチ、コンサル、一人起業家の
集客、そして販売の悩み解決法が公開!

“売込み不要でクライアントが自然発生する
有名起業家は必ずやっている普遍的方法

ブログアクセス数アップ、LP登録率アップ
メルマガでの販売率アップ…

これらの本当に正しいやり方を
詳細にお伝えします。

コンサル、教育商材、会員制サービス…

様々なクライアントの裏の仕掛人が明かす
集客と販売を仕組み化する方法は
コチラから無料でゲットできます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/c-ccwlp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • フェイスブックでファンを増やす方法

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする