ライバルより一歩抜きんでる方法

コーチやコンサルといった
業種に限らず、必ずライバル
っていますよね。

ライバルがゼロという仕事って
ほぼ存在しないと思います。

そんなライバルへ強烈な
アドバンテージを保てるのが

『差別化されたコンセプト』

なわけですが、

コンセプトは正しい作り方を
知らないと難しいですし、
そう簡単にヒットコンセプトが
生まれる事もありません。

そこで今回はもっと手軽に
ライバルより一歩抜きんでる方法を
シェアします。

ズバリ答えを先に言うと

『お客様を感動させる』

です。

自分がされて嬉しかった事や
感動した事を、そのままお客様に
するようにすれば良いのです。

例えば、

タクシーに財布を忘れたら、後日
運転手がホテルまで届けてくれた。
(普通なら盗まれて終わりです)

家事代行サービスを利用したら
関係ない玄関まで掃除してくれた。

妊婦さんがスタバを利用したら
カップホルダーに出産応援メッセージが
書かれていた。

ちょっとした出来事ですが
嬉しくなりますよね。

常にお客様を喜ばせる事、
嬉しいサプライズを合わせて
提供していると、

“選ぶならあなた”

となりやすいです。

じゃあどんなことをすればいいのか
というアイデアの作り方としては
感動リストを作ります。

方法は簡単で、普段から感動した事、
嬉しかった事をメモっておきます。

その中であなたのサービスに
取り入れられそうなものを
採用していけばいいのです。

あなたが嬉しいと感じた事であれば
あなたのお客様も喜ぶはずです。

もしすぐに見つからなければ
あなたが頻繁に行くお店の
何が良くてそこに行くのか
探してみて下さい。

美味しいからとか安いから
といった単純な理由以外に

“常連になる理由”

があるはずです。

それを見つけて、
あなたのサービスに取り入れれば、
また一つ“あなたが選ばれる理由”
が増えます。


コンセプトのみのセールスレターで
成約率18.9%。

そう、お客様が買うのは
商品ではなくコンセプト。

・LPの登録率が20%に達しない…
・セールスレターの成約率が1%未満…
・チラシの反応率が0.3%に届かない…

これらの原因は全てコンセプトと
それを反映させたキャッチコピーです。

買わずにはいられなくなるコンセプトを企画し
キャッチコピーに反映させるだけで
売上げは跳ね上がります。

わずか1分間の“エレベータートーク”で
お客が喰い付く『9STEPコンセプト構築術』

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/cp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • 差別化ポジショニング作成シート
  • LP登録率の上がるプロフィール作成シート

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする