理想の恋人選びとお客

あなたの好みのタイプって
どんな感じですか?

性格、外見、価値観など
色々ありますよね。

で、付き合う時って自己基準で
選んでますよね?

  • 清潔感がある
  • 優しい、思いやりがある
  • 話が面白い
  • 紳士的、男気がある
  • 頼りがいがある
  • 心が広い、器が大きい
  • スレンダー、ぽっちゃり
  • 笑顔が可愛い
  • おしゃれ
  • 素直
  • 収入…

色々あると思いますが、
好みじゃない人から
アプローチされるのってどうですか?

全く真逆のタイプの人が、
何人もアプローチしてくるんです。

断っても次から次へと
告白されるんです。

不潔で話がツマラなくて
自分勝手で暴力的な男性が
次々寄ってくる状態です。

思いやりが無くてわがままで
ヒステリックで髪はボサボサの
女性ばっかり寄ってくる状態です。

聞くまでも無いと思いますが、
まぁイヤですよね。

で、コレってあなたのお客様像にも
当てはまるんです。

どういう事かというと、

『ターゲットを絞りましょう』

というのは聞いた事があると思います。

ターゲットを絞る=
好みのタイプを絞るのと
同じなんです。

ターゲット像を絞りましょうと言うと
多くの人が嫌そうな顔をします。

「お金を払ってくれる人であれば
自ら断りたくない」

「なぜ自ら機会損失しなきゃならないの」

「そういうわがままは商売人じゃない」

という方も多いのですが、
逆に考えてみて下さい。

結婚相談所に
資産ゼロ、年金暮らしの65歳の男性が
30歳以下の女性を求めて入所されても
どうですか?

見の程を知れとなりますよね(笑)

不動産屋さんに
密入国してきた身元不明な外国人
とか来られても迷惑なだけですよね。

ターゲットを絞らない状態は
誰でもウェルカム状態とも言えます。

で、心理的抵抗がある人は

『理想のターゲットを選ぶ』

と思ってみて下さい。

理想のパートナーを選ぶのと一緒です。

理想の彼女、彼氏を思い浮かべて
みて下さい。

楽しいですよね。

彼氏彼女をお客様に変えるだけで
意外とすんなりとターゲット像が
浮かんでくると思います。

理想のターゲット像がはっきりしたら
その人に向けて情報を発信する事で
そういったお客様が集まってきます。


コンセプトのみのセールスレターで
成約率18.9%。

そう、お客様が買うのは
商品ではなくコンセプト。

・LPの登録率が20%に達しない…
・セールスレターの成約率が1%未満…
・チラシの反応率が0.3%に届かない…

これらの原因は全てコンセプトと
それを反映させたキャッチコピーです。

買わずにはいられなくなるコンセプトを企画し
キャッチコピーに反映させるだけで
売上げは跳ね上がります。

わずか1分間の“エレベータートーク”で
お客が喰い付く『9STEPコンセプト構築術』

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/cp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • 差別化ポジショニング作成シート
  • LP登録率の上がるプロフィール作成シート

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする