欲しいのは商品じゃなくて結果です

美容関連の商品を扱っている知人から、
自分の商品の売上げアップについて
相談されました。

内容としては、

「名簿業者からリストを購入し、
セミナーを開催し、そこから
自社商品の販売に繋げたい」

とのことで、どうすればよいか
アドバイスを下さいとのことでした。

そこで、

1.美容関連と言ってもコスメの購入者や
エステサロン利用者、ブランド好きの方と、
属性が異なるので、それによっては
見向きもされない。

2.その方はどうにか自分の商品に
繋げたい一心しかないのですが、
その考えでは商品は売れない。

ということを伝えました。

電話でしたのでそれ以上細かいことは
伝えなかったのですが、いろんな部分で
間違えています。

まず、大前提として、
名簿業者から購入って…

ありえないですよね。

自分がされる側に立ってみれば
分かりますが、そんなのから
アプローチされても買わないです。

イラッとするだけだと思います。

次に自分の商品を売りたいという強い思い。

そういった思い自体は大切ですが、

モノが良いのは間違いないから
絶対売れるはずだ!

買ってくれ!買ってくれ!買ってくれ!

どうにかして売りたい。
売りたい!売りたい!売りたい!!!

もう気持ち悪いですよね。

1ミリもお客様の事を考えていない。

完全にNGです。

ここで1つ、大切な考え方をシェアします。

お客様はその『商品』が欲しい訳ではない。
欲しいのは『結果』であり『未来』。

自分に置き換えて考えてみると簡単です。

ダイエットしたい人で、どうしても
ビリーズブートキャンプが欲しい人は
いないと思います。

ヤセさえすれば何でも良くて、
できればラクな方が良いと思います。

ローラのようになりたいのであって
コーセーのコスメが使いたいのではありません。

ローラのようになれさえすれば
100円コスメの方が嬉しいです。

石田ニコルのようなサラサラの髪に
なりたいのであって、
パンテーンが使いたいのではありません。

モデルさんのようになれれば、
トニックシャンプーでもなんでも
いいのです。

メーカーサイドだったり、作る側の人は
特に商品や品質、性能を重視してしまう
傾向が強いです。

ですが、これはあくまで自分本位。

お客様本位で考えなければ
モノは売れません。

自分の商品を売りたいと思ったら、
「どうしたら商品を欲しくなってくれるか?」
ということを考える必要があります。

追伸:

先日お伝えした

  • ビジネスの全体設計
  • 差別化の方法
  • アナログでのクライアントの取り方
  • Webでのクライアントの取り方
  • 収益の高い商品の作り方

などを収めたコンテンツが
9割方出来上がりました。

今週中には公開できると思いますので
ぜひ楽しみにお待ち下さい!


コーチ、コンサル、一人起業家の
集客、そして販売の悩み解決法が公開!

“売込み不要でクライアントが自然発生する
有名起業家は必ずやっている普遍的方法

ブログアクセス数アップ、LP登録率アップ
メルマガでの販売率アップ…

これらの本当に正しいやり方を
詳細にお伝えします。

コンサル、教育商材、会員制サービス…

様々なクライアントの裏の仕掛人が明かす
集客と販売を仕組み化する方法は
コチラから無料でゲットできます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/c-ccwlp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • フェイスブックでファンを増やす方法

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする