修行途中でも発進すべき

10年以上前、webデザインの学校を
卒業した時に、同級生2人と
制作パートナーを組んだことがあります。

まぁ、結果から行ってしまうと
1か月で空中分解したのですが、
その時の友人の一人は、

「卒業したてなんだから、ある程度の
レベルになるまで案件を獲らずに
勉強クラブにしよう」

というものでした。

で、私ともう一人は仕事を請けるため、
お金を稼ぐためのユニットと思い込んでいたので

「30にもなって勉強クラブって、
どうやって飯食うんだよ…」

「案件を獲らないなら集まる意味ないじゃん」

となり、自然消滅していった感じです。

気持ちとしては分かります。

謙虚な感じがして、精進する事の大好きな
日本人に多い考え方でもありますよね。

でも、

「ある程度のレベルって一体どこなんだよ?」

と。

大工さんだとか美容師や飲食店だったら
分かりやすいですかね。

家を建てられないのに、
カットやパーマができないのに、
料理を美味しく作れないのに、
開業するのは無理ですよね。

これは解り易いと思います。

ですが、教育ビジネスの場合には、
日々どんどん変化します。

パソコンやスマホなどのIT環境、
SNSなどのソーシャルサービスと
目まぐるしくリリースされています。

なので私の考えとしては、
『半歩』先に学んだこと、身に着けた事を
教えていけば良いと思います。

1.Aというノウハウに取り組んで結果が出た
2.5人に教えてその内3人が、結果が出た
3.修正して教えたら皆結果が出た
4.多くの人に教えた
5.そのノウハウからさらにブラッシュアップ
できて、より多くの人に結果が出せた

地味ですけどこういうステップが
着実だと思います。

コピーライティングやマーケティング、
パブリックスピーキング、セールス、語学
といったスキルは、マスターするには
数年から数十年は必要です。

マスターしてからなどと言っていたら
寿命が終わってしまいます。

そうではなくて、今できる事を
精一杯提供するのがベストではないかと。

完璧主義にハマると身動きできません。

この世に完璧なものは存在しません。

完璧主義を目指すということは
存在しないものを追い求める
という風に捉えています。

つまり、いつになってもゴールに
辿り着けない。

計画50%という考えを認識して
スタートする事をお勧めします。

あ、半分しか計画しないという
意味ではないですよ(笑)

計画50%とは、100%の計画を立てても
行動していくうちに様々な発見があり、
それによって50%程度は軌道修正する必要が
出てくるという考え方です。

ですので、計画通りに行かない事で
挫折する必要は無く、発見したことに
アジャストしながら進めば良いのです。

逆に言うと、何も発見が無くスムーズに
達成した時には、何かしら見落としていたり、
計画は達成したけど何も結果が得られない
ということが多々あります。

計画というのはどんなに詳細を詰めても
所詮は妄想で、現実とはギャップが生まれます。

これを認識した上で100%の計画を立てて、
行動を起し、何かあったらアジャストしながら
突き進むのがベストかと。


コンセプトのみのセールスレターで
成約率18.9%。

そう、お客様が買うのは
商品ではなくコンセプト。

・LPの登録率が20%に達しない…
・セールスレターの成約率が1%未満…
・チラシの反応率が0.3%に届かない…

これらの原因は全てコンセプトと
それを反映させたキャッチコピーです。

買わずにはいられなくなるコンセプトを企画し
キャッチコピーに反映させるだけで
売上げは跳ね上がります。

わずか1分間の“エレベータートーク”で
お客が喰い付く『9STEPコンセプト構築術』

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/cp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • 差別化ポジショニング作成シート
  • LP登録率の上がるプロフィール作成シート

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする