セールスキャッチコピーの作り方

キャッチコピーは、それ次第で
売上が決まると言える所です。

役割はレターを読み進めてもらう事。

そして、読み進めるかどうかは
3秒で判断されると言われています。

あなた自身に置き換えてみて下さい。

ネットで探し物をしている時、
パッと見でそのサイトを見続けるか
判断していますよね?

どういう事かというと、
そのサイトを読み続けるかどうかは
全てキャッチコピーに掛かっている
と言っても過言ではないのです。

言い換えるならば、セールスレターでは
キャッチコピーに命を掛けなければならない
とも言えます。

今回はそんな読み進めてもらうための
キャッチコピーの作り方をお伝えします。

まず、具体的な手法の前に、一つ
覚えておいてほしいマインドセット
があります。

“量産し、選択し、ブラッシュアップを
重ねる”

ということです。

私はもちろん、有名なコピーライターでも
一発でスーパーキャッチコピーが
生まれることはありません。

皆、量産し、その中から取捨選択して
さらにブラッシュアップを繰り返して
磨き上げていきます。

ちょいちょいで作ったコピーで
ヒットする事はまずありません。

もしかしたらあるのかもしれませんが、
私は聞いたことがありません。

ですが、労力を掛けた分だけ
売上げに直結しますので、
安心して脳みそに汗をかきましょう。

キャッチコピーに入れなければならない
必須の要素は次の4つです。

  • 具体性
  • 興味性
  • 反社会性
  • ベネフィット

それぞれを詳しく説明します。

●具体性

具体性=数字です。

「めちゃくちゃ」儲かります。
「あっという間に」痩せられます。
作業効率が「かなり」アップします。

これらのような抽象的で曖昧な表現を
具体的に詳細な数字に変えることです。

さらにコツとしては、四捨五入しないこと。

もちろん限度はありますが、端数まで
正確に書くことで真実味が増します。

●興味性

真新しさ、手軽さ、希少性、意外性を
入れると引きつけられます。

やりやすいのは、真逆のモノを
組み合わせることです。

・ヤンキーだけど先生→GTO
・学年ビリだけど慶應→ビリギャル
・いじめられっ子が日本チャンピオン→はじめの一歩

こういった不協和音は好奇心を刺激し、
続きを知りたいという衝動を抑えられなくします。

ありえないモノ同士を組み合わせるのが
コツです。

●反社会性

人は反社会的な単語に敏感です。

怖いもの見たさというのは
非常に惹きつける要素が強いです。

注意点は、ターゲットとあなたのサービスに
合わせることです。

例えば、マタニティ商品や幼児向け商品を
扱っているならば、汚い言葉や悪い言葉は
使うべきではありません。

反社会的=常識的では無い表現と
捉えてください。

●ベネフィット

あなたの商品・サービスを購入することで
『得られる物』+『その先にある欲望を
満たせるという事』を伝えます。

もちろん、儲かりますとか痩せられます
といった浅い表面的な事だけでなく、
『結果どうなる』というのを突き詰める
必要があります。

そして、これは「だから?」という質問を
繰り返すとくっきりと見えてきます。

例えば、あなたの商品を買うことで

痩せられます

→だから、1サイズ下の服が着れます。
→だから、オシャレな服が着れます。
→だから、今までより注目されます。
→だから、恋人ができます。
→だから、同性からも一目置かれます。
→だから、会社でも扱いも良くなりました…

といった感じで、だからどうなる?と
繰り返すと様々なベネフィットが見えてきます。

この中からターゲットに最も響くモノを
キャッチコピーに組み込むことで
読まずにはいられない衝動を掻き立てられます。

最後に、出来上がったキャッチコピーを
テストしながら反応率の良いモノを
採用します。


コーチ、コンサル、一人起業家の
集客、そして販売の悩み解決法が公開!

“売込み不要でクライアントが自然発生する
有名起業家は必ずやっている普遍的方法

ブログアクセス数アップ、LP登録率アップ
メルマガでの販売率アップ…

これらの本当に正しいやり方を
詳細にお伝えします。

コンサル、教育商材、会員制サービス…

様々なクライアントの裏の仕掛人が明かす
集客と販売を仕組み化する方法は
コチラから無料でゲットできます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【今すぐ無料で受け取る】
https://horizondesign.jp/c-ccwlp/

  • ブログやメルマガのネタに悩むことは、
    一生無くなるネタ発掘法
  • フェイスブックでファンを増やす方法

もプレゼント中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする