【閲覧注意】アラレちゃんとうんこドリル

40代以降の人であれば知らない人はいないであろうDr.スランプ アラレちゃん。

特技は「地球割り」、趣味は「パトカー飛ばし」に「うんこを持ってスッパマンを追いかける」という恐ろしい(笑)女の子ロボットが主役のマンガで、大人気でした。

一方で、本日の主役の「うんこ漢字ドリル」ですが、この商品のアイデアってアラレちゃんからヒントを得ているんじゃないかとひらめきまして、ヒットした理由を解剖してみようと思います。

まずはネーミングを。

「うんこ漢字ドリル」

インパクトありますね。

下ネタ+子ども向け教材という、ありえない組み合わせのギャップが刺さります。

一言で内容を伝える表現も秀逸です。

「子どもが夢中になって勉強する!全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル。」

Amazonの商品説明によると、以下のように書かれています。

漢字を効率よく覚える方法は、「繰り返し書くこと」だと言われています。 しかし、同じ文字をただ延々と書き続けるのは、 子どもにとってはつまらないことです。集中力が途切れるのも無理はありません。

本書はそんな「漢字学習」の構造的弱点を克服することを目的に制作されました。目指したのは、書き込むことが楽しくなる漢字ドリル。日本一楽しい学習書です。

子どもって「うんこ」とか「おしっこ」、「ちんちん」、「おなら」、「おしり」といった原始的な笑いが大好きですよね。

Dr.スランプ アラレちゃんでは、うんこを棒に突き刺して追っかけまわして喜んでましたし、クレヨンしんちゃんでもお尻を丸出しにして奇妙なダンスをしてました。

つまらない漢字の練習と大好きなものを掛け合わせるという発想は、思いついたとしても批判の声も多そうで、なかなか世に出せないと思います。

ただ、一方で、子どもに勉強させたい親からすれば、ガミガミ言わなくても取り組んでくれるのですから、子育てストレスの軽減にもなり、買ってあげない理由はありません。

面白そうだから自分もやってみたいという子どもの心理と、怒らなくても、何回も同じことを言わなくても勉強してくれる優れた教材という親の心理が掛け算になったのが、ヒットの理由ですね。

  • 子どもが自発的に勉強してくれる
  • 漢字を効率良く覚えられる
  • 親のストレスが減る
  • 熱心に取り組むから静か
  • 怒らなくて済むから家庭が明るい

といった価値を与えていますね。

・・・

実は今回は、ヒット商品の“価値”を掘り下げてみて、コンセプトメイキングのヒントやアイデアを出すスキルアップの練習として書いてみました。

というのは、私自身が商品自体に注目してしまい、本来ならもっともフォーカスを当てるべき“価値”の部分を忘れてしまう事があるからです。

他にも流行商品を掘り下げてみました。

ポケトーク(音声翻訳機)

これはやっぱり外国人観光客への対応ですよね。

日暮里線維街のニュースで取り上げられていましたが、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東と世界中からきている観光客に言葉の対応しきれないと困っていました。

お店や旅館に共用で置いておけば、誰でも言葉の壁が取り除けるメリットがありますね。

コンセプトを分解してみるとこんな感じかと。

1.ネーミング

ポケトーク

2.一言で表現すると

世界50言語を、手のひらに。タップ1つで言葉の壁をなくす、先進の「通訳」デバイス

3.詳細

世界50言語以上に対応し、話しかけるだけで指定した言語へ訳して音声で返します。クラウド上の最適な翻訳エンジンを選択することで、高い翻訳精度を実現し、互いの言語を知らなくても対話できます。

プリントス

スマホで撮った写真て、自宅でプリントするにしても、お店でやってもらうにしても、その一手間がメンドクサクて、あんまり印刷までしないですよね。

で、この一手間を電源もインクもアプリも不要で印刷できるようにした機械ですが、自分たち様にも良いですし、何よりジジババに喜ばれますよね。

LINEとかメールで孫写真を送られてくるよりも、印刷してあった方がじっくり見られるし、何よりタップしたりスライドさせたりという見るまでの手間がありません。

こういった手間をバリアフリー化させるのって、かなり商品のアイデアになると思います。

コンセプトを分析してみるとこんな感じ。

1.ネーミング

プリントス

2.一言

スマホ写真を簡単プリント

3.詳細

スマホで撮った写真をいつでも気軽に簡単プリントできる「プリントトイ」です。開いて置いてシャッターを押すだけの3ステップで簡単に印刷できます。電源やインク、アプリは一切不要。スマホとフィルムとプリントスさえあればプリント可能です。

・・・

これらのヒット商品に共通しているのは、親しみやすいネーミングと、一言で言い表せる伝達性の良さ、そして何より「悩みを解決する」や「手間を解決する」という価値を提供している所ですね。