ライバルに120%勝てるセールスレターの書き方

今回は、これをセールスレターに書けば必ずライバルに勝てる、という方法をシェアします。

これを盛り込めば必ずあなたが選ばれるようになります。単純に売上げが倍増します。

まずは売上げが倍増する理由を。

一般的に、セールスレターを読んで行動する人は「100人中5人」、残りの95人は行動しないと言われます。

そして、セールスレターの成約率は良いモノで「1%」と言われます。100人に1人購入してくれたら、非常に出来の良いセールスレターと評価されます。

でも100人中、行動する5人の内1人が購入してくれたわけですが、残りの4人はどこへ行ってしまったのか?

答えは「ライバルの商品・サービスを購入してしまった」です。

行動する5人の追跡調査をすると、3ヶ月以内に何かしら購入するという調査結果が出ています。

つまり、残りの4人は『ライバルを比較検討』した結果、他社に流れてしまったわけです。インターネットではごく日常的に行われていることですね。

価格コムの利用者は増える一方ですし、ちょっと検索すれば一覧で競合を表示してくれます。今となっては、比較するのが前提で買い物しますよね。

そこで今回の『比較されても必ず勝てる方法』です。

これを実践すれば、残りの行動する4人を獲得できます。売上げも利益も倍増しますのでぜひ取り組んで下さい。

具体的なステップでお伝えします。

ステップ1.ライバルサイトをピックアップ

売れている(いそうな)サイト、売れていない(なさそうな)サイトを各10サイトずつピックアップします。

売れているサイトを探す方法は、インフォトップなどのランキングや広告を出し続けているサイトです。

広告を出し続けるということは、費用を掛けても儲かっているという証拠ですので、非常に参考になります。

売れていなそうなサイトは、検索で3ページ目以降とか、パッと見でダメっぽいと感じたサイトでOKです。

ステップ2.長所&短所探し

それぞれピックアップした計20サイトの長所と短所を分析します。これはスゴイなという所と粗探しをする感じです。

A4用紙を1サイト2枚ずつ用意して、1枚を長所と対抗策、もう一枚を短所と改善策、といった感じで分析していきます。

<長所>

  • お客の声が沢山ある → もっとたくさん集める
  • 特典が沢山ある → さらに多くの特典を用意する
  • 30分無料コンサルが付いている →60分無料コンサルを行う

<短所>

  • 読み難い → 字を大きくする
  • 価格が高い → 価格を下げる
  • 保証が無い → 保証を付ける

これらピックアップしたものを一つずつ潰していけば自然に勝てます。

もちろん、実績が凄すぎるなど、どうにもならない長所が見つかることも有ると思いますが、そこは仕方が無いのでスルーしても大丈夫です。

戦って勝つためにはどうすればいいかを書くアイデア段階なので、無理なことでもとりあえず書き出しましょう。

レターに反映させる段階で実現可能か、もし無理ならばほかに手段はないかなど、検討すれば大丈夫です。

ライバルよりも1つでも多くのメリットがあれば、少しでも打ち勝つ要素が多ければ、比較されるほど選ばれるようになります。