文章を書く際は2つの内のどちらが目的かを明確に

ビジネス目的で文章を書く際には、2つの目的のどちらかでしかありません。

一つはマーケティングコピー。信用してもらうことを目的に書く文章です。

もう一つはセールスコピー。売る為の文章です。

マーケティングコピー?

という方も多いかと思いますので、詳しく説明します。

メルマガやブログ、フェイスブックなどの各種SNSといったメディアをビジネスで利用する場合には、目的は売上げへの貢献ですよね。

しかし、いつも売込みの文章(セールスコピー)では読まれないし反応もありません。折込チラシじゃあるまいし、売込みしかないブログやSNSをわざわざ見たいとは思いませんよね。

ただ、そうすると書くことが無くなってしまう。

そこで登場するのがマーケティングコピーです。

では、信用されることを目的としたマーケティングコピーは何を書くか?ですが、これは、おおまかに言うと2種類あります。

1つは、信頼コンテンツ。

あなたの弱みや誠実性を出すことです。言い換えると人にはなるべく言いたくないカッコ悪い部分ですね。

私は過去、こんなダメ人間でしたとか、こんな悲惨な幼少期を過ごしましたとか。

弱い部分や見せたくない部分をオープンにすると、自分(見込み客)の人生と共感できて距離感が縮みます。親近感が湧きます。

逆にやってはいけない例としては、よくフェイスブックで見かけるカッコつけている人いますよね?

成功している感を出すために必死で豪華な食事の写真を撮ったり、パーティーの様子をアップしたり。

あれはマイナスにしかなりません。ああいうのはパリス・ヒルトン並みの資産を構築してからにしましょう。

派手な生活ぶりや偉そうな態度に共感する人はいません。「死ねばいいのに」と、ページを閉じられるのがオチです。

あれの真逆の事と思ってください。

もう1つは提供コンテンツです。

提供コンテンツとは、見込み客の悩み、恐怖、フラストレーション、欲望への解決策です。ある意味、あなたのノウハウを小出しにする感じです。

あなたのノウハウによって悩み、恐怖、フラストレーション、欲望が満たされるので強力な信用を生み出します。

この提供コンテンツで信頼関係を構築できれば、あなたから離れることは絶対にありません。ライバルとの比較すらされ難くなりますし、例え価格差があっても選ばれます。

あなたに置き換えて考えてみて下さい。

しかもこの提供コンテンツは、ブログやメルマガの記事の量産にも最適です。

見込み客の悩み、恐怖、フラストレーション、欲望というのは人それぞれです。つまりその数分、記事になります。

あればあるほど、様々な見込み客に響きますし、SEO対策的にも大きな効果があります。

最後に、マーケティングコピーとセールスコピーの文章比率を書いておきます。

割合としては、マーケティングコピー:3記事に対してセールスコピー:1記事という所です。

つまり、一度セールスコピーを書いたら、次までに3回以上マーケティングコピーを書くといった感じです。

最低でも3記事くらい空けないと売込み度が高いと受け取られます。

提供コンテンツをたくさん出していきましょう。